管理人の好物に関する感想日記・・・コメント&トラバ大歓迎です♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 * * トラックバック(-) * コメント(-) * [編集]

交響詩篇エウレカセブン 50話「星に願いを」(最終回) 

デューイの死によって、司令クラスターになってしまったエウレカ。
だけど、そのおかげで一応は、世界は平静を取り戻した――のかな?

アゲハ隊の少年達は、ワルサワの難民キャンプで拾われたらしい。
民族浄化の落とし子・・・かなり暗い話だな。
望まれずに生まれた彼らを救ったのは、同じように世界を呪ったデューイだったのね。

贖罪のために、アゲハ隊の子を引き取ろうとするユルゲンス。
彼らが救われる日は、いつか来るのだろうか?

そこに、ドミニクとアネモネが来る。
エウレカ達の首輪は、デューイの死をキッカケに、スカブに自壊プログラムを注入する為の物。
ニルヴァーシュに乗るエウレカか、ジエンドに乗るアネモネを、代理の司令クラスターに仕立て上げるために。
・・・って、もともとアネモネは人間だよね?
まがい物のコーラリアンでも、司令クラスターになれるのだろうか(苦笑)

しかしクダンの限界は、まだ引き起こされていない。
それはエウレカが、代理の司令クラスターになる事を拒否しているから。
魂魄ドライブの輝きの周期と、テンシャン山脈上空の球体からの、サインの変更周期。
その二つが、一致しているそうで――つまりエウレカは、まだ生きている?

その頃のレントンは、かなり落ち込んでて。
彼を呼びに来た、ホランドに対しても「俺を殴ってください」と言う始末で。

「俺、父さんも姉さんも助けられなかった・・・。
エウレカの事も、守ってやれなかった。
俺、何も出来ない、タダのガキんちょだった。
俺はデカい口ばかりたたく、最低な人間だったんだ」

――と、泣きながら自分を責めてるレントン
そんな彼を、殴らなかったねホランド。
確かにレントンは成長したけど、ホランドも成長したよね~。
2クールの頃の二人なら、思いっきり取っ組み合いなってそうだ(苦笑)

そんなレントンを連れて、何処かへ行こうとするホランド。
それは、エウレカの元へ向かうためで。
交響詩篇エウレカセブン 50話「星に願いを」(最終回)の続きを読む

スポンサーサイト




交響詩篇エウレカセブン 49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」 

司令クラスターが破壊されて、絶望病になった人間達は回復していった。
だが世界には、デブリが流星となり降り注ぐ――これが、クダンの限界なのか?

デブリが塔を壊していることと、テンシャン山脈に大穴が開いたこと。
その2つを知っても、まだ諦めないホランドたち。
そして再び、テンシャン山脈の穴に突入を試みようとする。

いっぽうレントンたちは、司令クラスターを失った事でショックを受けて。
レントンは、司令クラスターを守ると言ったのに何も出来なかった自分を責めてる。
だけど子供達に、慰められて・・・子供達とレントンは、本当いい関係なったよな(しみじみ)
そんなときニルヴァーシュの魂魄ドライブが輝き、急に動きだした?

旗艦である銀河号みずから、穴に入って何かをしようとしている。
それは他の人間には知られたくないモノ、つまりニルヴァーシュを始末するため。
そこでホランド達も、大穴に入ろうとするけど――ユルゲンスは月光号だけを、穴に向かわせる。
このままでは勝ち目は無いから、自分達が盾になるのだと・・・。
そして、ドミニクとアネモネの事も、ホランドに頼んで。
ユルゲンス艦長、本当アツイ人だよな~。

ニルヴァーシュが来たのは、やはり司令クラスターの在った場所。
司令クラスターが消えたのを責め、泣いているニルヴァーシュ。
そして、あの子は皆の代わりになって、償うつもりなのね。
だけどレントンはニルヴァーシュの思いを否定し、皆の責任だと言って。
レントンも、本当カッコイイ奴になったな~。

そこに来た銀河号は、ニルヴァーシュに攻撃を。
今の大破状態のニルヴァーシュでは、爆撃に耐えることしか出来なくて。
そのとき、レントンたちを助けに月光号が来た!
ついに月光号vs銀河号の、最後の戦いが始まる――
交響詩篇エウレカセブン 49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 48話「バレエ・メカニック」 

始まりは、アネモネの独白から。
てかアレ最初、誰が喋ってるんだと思ったよ(苦笑)

本当は、普通の女の子で居たかった・・・気になる人は居たけれど、もう過去形でしかない。
やっぱりアネモネの本心は、ドミニクのこと好きだったんだね。
でも、もう全てを諦めているアネモネ――死ぬ事さえも、受け入れてる感じだな。

オラトリオNo.8が発射され、スカブの大地に穴が開いてしまう。
ジエンドがその穴に入り、指令クラスターの元へ・・・って、穴が自己修復してる?
レントンたちの邪魔をさせないため、彼女を止めようと303で出撃したホランド。
だけどドミニクが、イズモ艦の高速艇で出てきちゃった!

彼の行動を、私情だと非難するホランド。
でもドミニクは
「私情で何が悪い!
俗物なんて、呼んでもらって構わない。
愛する人を・・・アネモネを止めるのは私でありたい!
だから、お願いします」

とホランドに懇願して。
ああ、ドミニクかっこいい・・・そりゃホランドも譲るだろうよ。

ホランドが軍のKLFを食い止める中、自己修復していく穴の中に入る高速艇。
なんとか隙間を抜けていくが、艇は壊れていく――そして、ついにシグナルロストしちゃったよ。

月光号は303を回収して、イズモ艦とともに空域を離脱。
・・・アンタ達、けっきょく何しに来たんだよ?
交響詩篇エウレカセブン 48話「バレエ・メカニック」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 47話「アクペリエンス・4」 

姉ダイアンの姿を見て、無我夢中で駆け出すレントン。
エウレカの止めるのも聞かずに行っちゃって――そして互いに、再会を喜ぶ姉弟。
ふとレントンが周りを見れば、彼らが居る場所は本で囲まれた場所――図書館で。
その図書館の姿は、スカブの考えをレントンに判りやすく伝えるためのもの。
そして、ここはスカブの中心であり、指令クラスターの居る場所だった。

エウレカも、図書館に一人で居た。
そんな彼女の手には、あのハートの書かれたマイブックが。
そして「そうだ、私は、この本を届けるんだ」と、駆け出していって。

「お姉ちゃん、なんでココに居るの?
この図書館が本物じゃなくて、スカブが映像として見せてる物だとしたら、お姉ちゃんは何?
お姉ちゃん、スカブコーラルなの?」

と質問するレントンだけど、彼女に
「レントンは今ココに居て、自分がスカブコーラルだと思える?」
って、はぐらかされちゃって。
・・・しかし、あそこに居る人たちって、何者なんだろうなー。
やっぱ、絶望病の人たち?

そんなダイアンから、スカブコーラルの真実が語られる。
スカブコーラルは生き物――二人の父・アドロックが提唱した仮説は正しかった。
彼らが意識を有した時は海の中に居たが、彼らは融合を繰り返した。
それが、彼らが知る唯一のコミュニケーション手段だったから。
そっか・・・小さなものだったのが、どんどん巨大になっちゃったんだね。

人間たちは、巨大なスカブコーラルの事を恐れた。
スカブが積極的になればなるほど、人間は彼らを恐れ――そして1万年前、人間は地球を去った。
その後スカブは、地球の全ての生命と融合し、一つになった。
そして地球と同じ大きさになったとき、彼らは初めて“自分たちの周りに、誰も居ない”ということに気付いた。

スカブは本当に寂しかったのね・・・だから人間が帰ってきたとき、凄く嬉しかったんだな。
でもスカブコーラルは慎重になっていた――もう、人間が自分達を恐れている事は知っているからね。
対話したいし、出来るなら共に生きたいけど、融合する以外に自分の意思をうまく伝える事は出来ないし・・・。

≪人間と共生するにはどうすればいいか、そもそも人間と共生することは可能なのか≫という問い。
その問いを携えて送り出された存在が、サクヤとかエウレカだったのね。

「一緒に考えようよ、人間とスカブコーラル、両方が一緒に。
オレ、そのためだったら、どんな事でもするよ。
だってオレ、コーラリアンの女の子のこと、好きになっちゃったんだもん」

と言うレントンの提案に対して、暗い顔になるダイアン。
なぜなら、間もなくココが攻撃されてしまい【クダンの限界】が起こるから!?

ああ、モーリス達も、ココに居たのね。
レントンともエウレカともはぐれちゃって、寂しくて泣きそうなメーテルとリンク。
二人を慰めてるモーリスは、やっぱり年長だな~。
と、そんな子供たちに何者かが近づいてきて?
交響詩篇エウレカセブン 47話「アクペリエンス・4」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 46話「プラネット・ロック」 

司令クラスターの場所が特定できた、とデューイに報告するアゲハ隊員。
そして銀河号は、その場所・テンシャン山脈へと向かう。
・・・それと同時に【オペレーション・メノカタス】を、発動するのだった。

いっぽう、熱を出して倒れてしまったレントン。
そんな彼を一生懸命に看病する、エウレカと子供たち・・・しかし、かなりキツそう。
そのうえレントン達の居る場所には、嵐が来ちゃったよ!?

ゲッコーステイトの方は、ユルゲンス達と一緒に最終決戦の準備を。
そんな中でホランドは、KLF小隊の奴等に絡まれていて・・・ホランドは、無抵抗で殴られてる。
そこに割って入って、彼らに啖呵斬るタルホ姐さん、かっこいいよ♪
まあKLF小隊の人たちにとっては、やはりゲッコーステイトは憎い敵なワケだし。
そう簡単に、許せる訳ないよなあ。

嵐に怖がる子供達を、優しく抱きしめるエウレカ。
レントンの事が心配だろうに、それでも子供達を安心させようとするのは、良いママだね。
でもメーテルが、いきなり離れてっちゃった。
エウレカに抱きしめられて、メーテルは本当のママのコト思い出したみたい?
それでも子供達は、エウレカをママとして認めて・・・子供達も良い子だなあ。

ホランドは、本当は怖かったのね。
この戦いに生き残ったとしても、自分は生きていても良いのか――と呟くホランド。
でもタルホさんは、そんな彼を支えてるよね~。
「やれる事をやろう、怖がるのも悩むのも、全部終わってからにしましょう」
と言うタルホさん・・・やっぱ良い人や♪

ドミニクは、ユルゲンスに
「彼女も判ってくれるはずです、いつか」
と言っていたけど――いつか、じゃ駄目なんだよドミニク!
アネモネ壊れちゃってるし、即行で行動に移さないと、最悪のストーリーになっちゃうよ~。
交響詩篇エウレカセブン 46話「プラネット・ロック」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 45話「ドント・ユー・ウォント・ミー?」 

宇宙でオレンジを、破壊し続けるゲッコーステイト。
しかし、ホランド辛そうだなあ・・・マジで大丈夫なのかしら。

いっぽうノルブとドクターベアの対談の載ったRay=outは、水面下で広まっているようで。
そして短波ラジオから「俺たちにも在るんじゃないか?何か出来る事が」との呼びかけが。
・・・ストナーの努力は、確実に実ってるよね!

ユルゲンスは、真実を確かめるため「ドクターベアと話がしたい」と、月光号に申し出る。
ケンゴーは彼を信頼して、彼が来る事を許可。
そしてユルゲンスはドミニクと共に、月光号のトコに来たよ。
でもドクターベアに会えたは良いけど、彼は
「何度も説明するの、飽きちゃった」
なんて言って――そして彼が差し出したのは、一枚のディスク。

いっぽう地球のレントンたち。
逃げるエウレカを説得しようとするレントンだけど・・・エウレカは、かなりショックだったのね。
「これで、やっと一緒になれると思ったのに」
と言って泣き出す彼女を見て、レントンは土で、彼女の変色した腕を冷やそうとしてる。
そのうえ石で、自分の左腕を傷つけて・・・そして「これで一緒だよ」と言うレントン。

そんなレントンの必死な行動が、エウレカの心に伝わり――寄り添う二人。
やっと二人は仲直りしたよ・・・良かった良かった。
――と思ったら、モーリスがあの銃を構えて!?
交響詩篇エウレカセブン 45話「ドント・ユー・ウォント・ミー?」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」 

今回は、ドミニクがユルゲンス艇でワルサワに向かってる所から。
懐いてくれないガリバーに、ドミニクは苦労してるね~。
しかしガリバーって、結局なんなんだ?
カモノハシっぽい感じだけど、やっぱり違うよなあ(苦笑)

ホランドは、かなり苦しんでる・・・紫色の斑点とか出来てるし。
やはりホランドは、死亡フラグ立ちまくりだわ~。
そして303は、人型機動マシン黎明期の機体だったとか。
神経系統の覚醒を促す薬物と、搭乗後の睡眠を強制的に促す薬物が予め必要なくらい、ヤバい物みたいだが。
だけど、AFXを打ち落とすためには必要な物なワケで。

しかし303に乗り続ければ、ホランドは死ぬ。
それでも、タルホさんは
「諦めるわけには、いかないのよ・・・最後の一瞬が訪れるまで」
と言って・・・最後まで傍に居るのね、タルホさんは。
でも、ホランドが死んじゃうのは嫌だ
ホランドには、タルホさんと幸せになって欲しいんだよ~。

ニルヴァーシュで森を散策する、レントンたち。
でもエウレカには、レントンの言葉は届いていないようで?
彼女は、どうなっちゃったんだろ

ワルサワに降りたドミニク・ユルゲンス・副長は、目的地へ向かう。
その途中で、イキナリ車を降りるユルゲンス――そして副長から、彼の過去を教えられて。
彼はココの出身で、奥さんと娘二人を戦争で亡くしたとか。
だけど、そんな彼にドミニクは
「戦争で家族を失ったのが、貴様だけだと思ってるのか?」
と呟く・・・と言う事は、やはり彼は!?

下手な慰めばかり言うレントンに、反抗するモーリス。
大人が居なくて、不安なんだろうな・・・ある程度は、成長してるだけに。
メーテルやリンクは未だ子供だから、無邪気に走り回ってるけどさ。
つーか、モーリスが不安な気持ちを吐露した所は、モロに根谷声って判るよ(爆笑)

目的地に着いたドミニク達は、屋敷の入り口でデッカードという男に迎えられる。
デッカードと聞いて、某勇者シリーズの主役ロボを思い出した私はアホです(苦笑)
そして、彼はノヴァク財団の関係者だそうで・・・デューイの配下ですか。
交響詩篇エウレカセブン 44話「イッツ・オール・イン・ザ・マインド」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 43話「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」 

戦闘で廃墟と化したヴォダラ宮で、自分の気持ちに違和感を感じるドミニク。
世界が変わることを、自分は望んでいたハズなのに。
そして吐いちゃったよ・・・そのとき彼の目に留まった、赤い花。

その花を、アネモネに渡しに行くドミニク。
それはアネモネの花だった――そして花言葉は“消える希望”で。
失敗ばかりしてる自分は、もう駄目だろうと思ってる?
でも、まだデューイに頼ろうとしているアネモネ・・・可哀相過ぎる。

そしてアネモネは「救えるの?私のこと。救ってくれるの?」と・・・。
ドミニクは彼女にキスするものの、やっぱり受け入れてもらえないのね・・・。
そのうえに「私に縋らないで」と言い放って。
でもアネモネは、ドミニクに助けて欲しいんだと思うよ?

いっぽうゾーンを抜けて、地球に辿り着いたレントンたち。
でも、ここで何をすべきなのかは、何も判らないわけで。
・・・てか、やっぱりアレは本当の地球だったのね?
海水を舐めて「涙みたいな味だ」というレントンは、なんか意外だ。
地球に関する本を、誰かがニルヴァーシュに置いていってたんだね。
やっぱり、ノルブが置いてったのかな?

あるパーティ会場まで、アネモネを送っていくドミニク。
そこでデューイから、辞令を貰う――その内容は【ワルサワでの、ジエンドの次期ライダーの選出】だった。
つまりアネモネは、もはや用済みと言う事で・・・。
ああ、思ったとおり彼女は消されちゃうのか!?
でもドミニクは、それが逆に彼女を救う方法だと思ったみたい。
頑張れドミニク・・・アネモネを助けてやって!
交響詩篇エウレカセブン 43話「ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 42話「スターダンサー」 

ついにヴォダラ宮に、州軍の攻撃が。
塔に張られていた結界が解けた理由――それは塔を守るために使っていた力を、サクヤが別のものに使うと決意した為だった。
そして、レントンとエウレカを“真の約束の地”へと連れて行くというノルブ。

その頃ホランド・マシュー・ヒルダは、軍の攻撃で八方ふさがりな状態。
これを打破するために、ホランドは月光号を呼んだ!?
ノルブはサクヤの所に残って、彼女と共にポロロッカを起こすと言う。
自分を犠牲にしても、二人を行かせるノルブ・・・かっこいいな~。

アネモネは、ドミニクが驚くほど大量の薬を打ったらしい。
それは、ひとえにデューイのため――デューイが望んでいるから薬を打った。
本当アネモネとドミニクって、二人とも救われない感じだな(汗)
アネモネは、最後の最後でデューイに捨てられると思うし(苦笑)

真の約束の地とは――ゾーン突破に失敗したノルブには、それは判らない。
ただ、ノルブたちには欠けてて、レントンたちが持っていた物があるらしい。
それは、やはりニルヴァーシュなのか?

ホランドってば、空中でLFO飛び乗ってるよ!?
うわ、本当ムチャなことを・・・。
てかココで、抗体コーラリアン(クテ級)が出てきちゃった!
交響詩篇エウレカセブン 42話「スターダンサー」の続きを読む





交響詩篇エウレカセブン 41話「アクペリエンス・3」 

蓮の花を見て、それがサクヤだと信じられないレントン。
でも同じコーラリアンのエウレカは、サクヤを感じてるみたいだね。
そして子供達をニルヴァーシュに残して、レントンとエウレカ、そしてノルブはサクヤの傍へ。

エウレカはサクヤに呼ばれ、花の中に入っていく。
そこは、19話でエウレカが見た景色と似たような、図書館っぽい場所で。
そして知る、ノルブとサクヤの過去。

少年時代のノルブは、聖者サクヤの世話係に選ばれた。
つーか世話役に選ばれたとき、僧の偉いさんだろう人に
「聖者様の前では、けして言の葉を発してはならぬ」
と固く言われちゃってさ。
しかし女の子だったことに、かなり意外だったみたいだわね。
まあ世話係といっても、実際は雑用みたいなもの――ノルブでないといけない理由は、無いんだが。

いつだって暗い顔をして、食事も一口しか取らないサクヤ。
そんな彼女を見て、ノルブは何とかしようと思い。
そしてノルブは、蓮の花を食事に置く・・・ノルブは掟を破って口を利いちゃったね。
だけど、その行動が彼女に笑顔を教えたわけで。
今までの僧たちとは違う行動が、嬉しかったんだろうね♪
そんなサクヤの笑顔を見て、ノルブはフォーリンラブしちゃったのね(笑)

CVは、少年時代のノルブが福山潤さん・サクヤが矢島晶子さん。
ああ、サクヤはリクの人なのね・・・どっかで聞いた声だと思ったよ(笑)
昨夜のBLOOD+では名塚さんがゲストで出てたんで、このキャスティングはビックリしちゃった(笑)
そして矢島晶子と小山力也が一緒に居ると、フィギュア17を思い出すなあ(またマイナーな・・・)
交響詩篇エウレカセブン 41話「アクペリエンス・3」の続きを読む





管理人について

  • Author : あやりん(旧:彩音)
  • ここはリンクフリーです。
    張るも剥がすも、ご自由に♪
    でもアダルトサイトや、違法サイト等からのリンクは、絶対NGです!

    えーと、それから、下のメルフォから一言くれたら嬉しいです♪
    では、ヨロシクお願いしまーす。

    あ、あと。
    詳しめなプロフ作ってみました、今更ですが。



    良かったら見てってくださいな。
カレンダー
07 << * 2017-08 * >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前(HN):

メアド:

件名:

本文:


カテゴリー
最近のコメント
検索
応援バナー
smiley*2G 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TVアニメ「夢喰いメリー」公式ファンサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。