管理人の好物に関する感想日記・・・コメント&トラバ大歓迎です♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 * * トラックバック(-) * コメント(-) * [編集]

武装錬金 26話「ピリオド」(最終回) 

カズキの代わりなど居ない、誰もカズキの代わりなどなれるハズも無い――それは、斗貴子さんにも分かってる。
だけどカズキが果たせなかった、パピヨンとの決着だけは、果たしに来たのね。
あ、やっぱり鷲尾のクローンも居たんだ・・・まあアイツだけ居ないのもオカシイわな。

パピヨンの背後に、カウントダウンタイマーの着いた謎のフラスコが。
そのフラスコは、パピヨンが世界を焼き尽くすための物だと考えた斗貴子さんは、パピヨンに襲い掛かる!
ニアデスハピネスでバルスカを破壊されても、カズキの守った世界を守るため、フラスコを壊そうとする斗貴子さんで。

しかしフラスコのカウントダウンが終わったとき、爆発するではなく、白い核鉄が出てきたよ。
鷲尾さんの説明によると、そのフラスコは、白い核鉄の生成を迅速かつ安定して進めるためのデバイスだそうで。
どうやらカズキが消えてから1ヶ月経ってたらしく、その一月の間にパピヨンは、必死で白い核鉄を研究して作っていたのね。
それは、ひとえにカズキとの決着のため・・・本当はカズキのこと、諦めていなかったのね。

しかし斗貴子さんは、カズキが死んだと思い込もうとして、つまり彼のことを諦めようとしてた。
だけどパピヨンの「武藤カズキを、諦めきれるのか?」との言葉に、泣き崩れてしまう。
そのとき月に、サンライトイエローの光を見る一同――それは、カズキが生きているということで。
まひろ達も、そりゃあ喜ぶよな・・・特に、まひろは笑えないくらい沈み込んでたわけだし。

カズキが生きてることに気づいて、喜ぶ斗貴子さん
そんな彼女のところに千歳さんが現れて、いきなりバロンの所に連れてっちゃった!?
どうやらバロンで宇宙へ行って、カズキを迎えに行くそうで。
うーん、無茶苦茶というか何と言うか(苦笑)
でも一番カズキを心配してた斗貴子さんも、一緒に連れて行ってくれる照星さんは、本当に良い人だ~。

そのころ月では、カズキとヴィクターの戦いが続いていた。
ヴィクターは平然としてるのに、カズキはボロボロだなあ・・・どれだけ強いんだヴィクターは。
でもカズキは、斗貴子さんや仲間を守るために、決して諦めないわけで。
あー・・・やっぱりカズキの中では、岡倉の笑顔は鼻伸ばした顔なのね(笑)

なぜか急に勝負を止め、カズキに地球に帰れと言うヴィクター
カズキの光を見て、仲間達がバロンで迎えに来たのを見て、この一月で戦団が変わったと感じ取ったからか。
そしてフェイタルアトラクションの特性を利用し、カズキを返そうとして。
でもカズキは、ヴィクターも一緒に連れて行こうとして――ヴィクターだって、ヴィクトリアが待ってるから。
本当にカズキってば、優しい子だなあ。

カズキを見つけて、シルバースキンを身につけて迎えに行った斗貴子さん。
シルバースキン着てても、やっぱりカズキには斗貴子さんだと分かるのね♪
再会して、今度こそ二度と離れないと誓うカズキと斗貴子さん・・・原作は見てたから話は知ってたけど、感動だわ。
ああ・・・良かったね斗貴子さん。
武装錬金 26話「ピリオド」(最終回)の続きを読む

スポンサーサイト




武装錬金 25話「代わりなどいない」 

今回Aパートの途中からしか、見れてなかったりします(汗)
起きて急いでTVつけたら、早坂姉弟が斗貴子さんを見舞ってるシーンだったよ。



斗貴子さんカズキを失って、沈み込んでいた。
桜花先輩いわく、今日まで口も利かなかったらしいし。
だけど早坂姉弟は投げ出さずに、自分たちに出来ることをするのね。
決して諦めないこと――それは、カズキと出会ったことで得たものか。

斗貴子さんが退院する日、彼女を見かけたブラボー。
しかし声すら掛けられない・・・まあ今の斗貴子さんには、何を言っても駄目だろうな。
でもブラボーも千歳さんも、きっと斗貴子さんは自力で答えを見つけると、信じて見守るわけで。

カズキは、命がけで町を救った。
だけど斗貴子さんには、カズキのほうが大切だったわけで。
やっぱ自己犠牲をしちゃうと、残された方がスゴイ傷つくわな。
武装錬金 25話「代わりなどいない」の続きを読む





武装錬金 24話「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」 

自分の考えた選択肢を、パピヨンと桜花先輩に話したらしいカズキで。
上手くいけば皆助かるらしい――けどカズキとパピヨン、そして斗貴子さんが、少しガマンしなければならないらしいが。
そんなカズキの選択肢に、二人は驚いてる?

ともかく自分に協力してほしいと、パピヨンに頼むカズキ
その見返りは、パピヨンの望む時間・場所・条件での、カズキとパピヨンの決着だとさ。
カズキの選択肢が、自分の選んだものより条件は良さそうと考えたパピヨンは、その申し出を受けることに。

いっぽうバスターバロンとヴィクターの戦いは、まだ続いていたらしい。
でもバロンをサポートしていた部隊は、ほとんど壊滅してしまったそうで。
残りの戦力を考えれば、ヴィクターとの決着の時は、おそらく間近。
頼みの綱はバスターバロンと、カズキの白い核鉄――そこに、ヴィクターが動いたと連絡が。
ほぼ同時に剛太の元にも、白い核鉄が完成したと電話が!

カズキ達仲良しグループは、夏祭りの為に、待ち合わせしてたっぽいな。
だけど時間通りに来ていたのは、斗貴子さんだけだったらしい(苦笑)
タコヤキ買って遅れたカズキだったけど、皆は更に遅れていたという。
そんなヤツらに斗貴子さんは、夏祭りだから浮かれすぎとツッコミを(笑)

カズキとのキスを思い出して、照れる斗貴子さんが可愛い♪
ヴィクターとの決着は、カズキの選択が分からないから、少し不安だと言う斗貴子さん
そんな彼女に、前にもらった勇気を少し返すと言うカズキ・・・でもキスは、まひろに邪魔されちゃったが。
恋人同士になった二人を、祝福してくれる、まひろだったとさ。

そこに毒島と剛太が、二人をヘリで迎えに来たよ。
白い核鉄を受け取ったカズキは、どう使うか既に決めているのね。
そのとき、アレキサンドリアの脳が崩れ始めた・・・もはや細胞の限界だったらしい。
クローンとはいえ、100年以上も生きてるワケだしな。

バロンvsヴィクターは、エネルギードレインで無尽蔵に再生できる分、ヴィクターが有利すぎるな。
ヴィクターの巨大エネルギー攻撃がバロンを襲ったとき、ソードサムライXで散らせた!?
それこそが、バロンの特性――サブコクピットに搭乗した戦士の武装錬金を、形状から特性まで全てパワーアップさせる事。
本来はアレで、シルバースキンをパワーアップさせる予定だったらしいが。

ここで火渡部隊もサブコクピットに入り、皆の武装錬金をパワーアップさせたよ。
他の奴らのはトモカク(をい)もともと強力だったブレイズオブグローリーが、パワーアップしちゃうとねえ。
うん、そりゃヴィクターも、怯むってもんさ。
そして最後は、バスターバロンのヘルアンドヘヴン(違う)で、ヴィクター撃破!

・・・かと思ったら、ヴィクターは健在ですよ。
あの巨大な身体は、海洋生物の死骸で作ったモノだった!?
そして、フェイタルアトラクションの一撃を受けてしまった、照星さん達で――。
武装錬金 24話「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」の続きを読む





武装錬金 23話「BOY MEETS BATTLE GIRL」 

今日は登校日――RODトリオが登校してくると、校門の前にカズキ斗貴子さんが!
再会を喜ぶ4バカだけど、やっぱり斗貴子さんとの仲がどうなったか、3人に詰め寄られるカズキだったと。
そして、そんな4人を、斗貴子さんが追い回してる、他愛無い日常で(笑)
傍から見れば、何も悩みなんて無い様に見える――桜花センパイの言うとおり。

ああ、桜花センパイ無事に退院したのね、ちゃんとガッコきてるし。
でも普通にゴゼン様と話してるが、アレは見えないようにでも、なってるのかしら(をい)
逆にブラボーは、病院で療養中ですな・・・千歳さんが、甲斐甲斐しく世話してるよーで。
ブラボーと千歳さんには、くっついて欲しいんだけどね~。

まひろ達とも再会した、カズキ斗貴子さん
しかし兄貴よりも斗貴子さんに抱きつくか、まひろ(笑)

いま戦ってるヴィクターを倒した後、ふたたびカズキ再殺の任務があるという事実。
それを知ってしまった秋水君は、火渡とモメてしまうわけで。
そんなとき火渡の部隊にも、波状攻撃によるバスターバロンの援護に戻れと命令が出た。
けっきょく今の所は、目の前の敵(ヴィクター)に集中する事にした、秋水君だったと。
でも、諦めるつもりは無いみたいですな。

斗貴子さんを一人残して、駅で待ってると言って、みんな先に行っちゃったよ。
ああ、斗貴子さんとカズキを二人っきりにさせたいの、バレバレだよ皆(笑)
そのころカズキはトイレで、皆に嘘ついてたことに悩んでて。
いきなり剛太が現れて、斗貴子さんが辛い思いをしないのなら、戦友になれると言う。
戦友だけど恋敵、か・・・もはや剛太には、勝ち目無さそうだがな!
しかし剛太、おまえドコから入ってきたんだ?

ってオイオイ、パピヨンも来ちゃったし。
今まで彼が顔を見せなかったのは、白い核鉄の作り方を研究してたかららしい。
彼曰く、選択肢は他人から与えられる物でなくて、自分で作る物だとか。
まあねえ、その理念は、分からないでもないな。
そしてカズキがどんな選択をしようと、カズキとの決着は諦めないんだなパピヨンは。

待っていた斗貴子さんと合流したカズキは、みんなの所へ行くことに。
しかし、良いカップルだなあ、この二人ってば。
武装錬金 23話「BOY MEETS BATTLE GIRL」の続きを読む





武装錬金 22話「決断を要す」 

冒頭は、ヴィクター過去
幸せだった、妻子3人での暮らし。
もともと彼は、世界の平和の為に戦っていたのよね。

そんなヴィクターは、いま錬金戦団と戦っていた。
戦団はミサイルランチャーの武装錬金【ジェノサイドサーカス】で攻撃するが、やっぱり効かないわけで。
ある島にヤツを追い込もうとする戦団だったが、それを見破りつつ、あえてヤツは策に乗ったのね。
その島には火渡達が、ヴィクターを倒す為に陣取っているわけで。

一方カズキ達は、無事ニュートンアップル女学院に到着。
パピヨンとゴゼン様は、既に女学院に着いてたのね・・・ずっと倒れてたわけじゃないんだ(をい)
そこに、以前斗貴子さんが言ってた謎の男が現れて、追いかけっこ開始。
行き止まりに追いつめたかと思ったら、そこに居たのは女の子?
どうやら彼女はホムンクルスらしく、カズキの身に起こったことも知ってるみたいね。

火渡部隊とヴィクターの戦いは、やはりヴィクター有利の様子。
フェイタルアトラクションの重力操作は、確かに強力だよな。
しかし、ここで火渡と毒島の協力技が!
毒島のエアリアル=オペレーターで酸素を出し、その結果ブレイズオブグローリーの威力は倍増するってか。

強烈な炎でヴィクターを倒したように見えたものの、ヴィクターは倒せなかった?
あの追いつめられた状況で、第三段階に進化しちゃったのか・・・ん、第三段階の進化は、ファイナルの話だったような?
トモカクそれを見た照星さんは、半径3キロ範囲へ退避を命じて、一人で別行動を取ることに。

一方カズキ達は、少女の持つシェルターの武装錬金【アンダーグラウンドサーチライト】を案内されていて。
彼女に脳みそ沢山の部屋に通されたカズキ達――そこに居たのは、ヴィクターの妻アレキサンドリア(CV:勝生真砂子)だった。
まあ今では、脳だけになってしまったけど。
そして少女は、ヴィクターの娘ヴィクトリア(CV:釘宮理恵)だったのね。

しかしヴィクトリアは、錬金術を嫌ってるみたいで。
まあねえ・・・錬金戦団が彼女にした事を思うと、この気持ちも理解できるよ。
武装錬金 22話「決断を要す」の続きを読む





武装錬金 21話「GONE INTO FLAME」 

決着のついたブラボーとカズキの前に、火渡が現れた!
子供達を守ろうとするブラボーに、過去を引きずっていると言う火渡で。
7年前の、1集落ごと全滅した事件――いわゆる赤銅島事件のことね♪
ただ全滅かと思われていたけど、実は一人だけ生き残っていたわけで。
それが、斗貴子さんだったんだよね。

火渡はナパームの武装錬金【ブレイズオブグローリー】で、周囲を火の海に。
だがシルバースキンが解けたとき、そこに居たのはカズキ斗貴子さんだった・・・。
ええ、ブラボー死んじゃった!?

キレたカズキは無我夢中で、火渡に突っ込んでいく。
そして火渡と戦うが、火炎同化した火渡は、やっぱ凄いな(苦笑)
戦う二人の前に、二つのシルバースキンが――ブラボーが止めてくれた?
最終的に二人の戦いを止めたのは、照星さんの持つ全身甲冑の武装錬金【バスターバロン】だったわけで。

どうやら大戦士長が、あの爆発の中でブラボーを助けてくれた?
安静にしてればブラボーは助かるそうだが、もう戦うのは無理っぽい。
でも命が助かってれば、良いと思うよ。

ここに大戦士長が来たのは、ヴィクターとの戦いが迫ってる事を伝える為。
いったん全ての任務を中断して、決戦を最優先するとか。
しかしカズキヴィクター化も放っとけないので、斗貴子さんと剛太を、カズキの監視役にする大戦士長。
そんな彼の決定に不満な火渡だが、反抗すると照星にオシオキされるのね(笑)
武装錬金 21話「GONE INTO FLAME」の続きを読む





武装錬金 20話「想いと力を込めて」 

決着をつけるために戦う、ブラボーとカズキ
しかし、やっぱりブラボーは強いわな・・・カズキは闇雲に振るっても、勝ち目無いと思うよ。

いっぽう、カズキを探す斗貴子さんと剛太。
斗貴子さんを気遣って、モーターギアで引っ張ってあげる剛太は、やっぱり良いヤツだ♪
そんな二人は爆発を見て、そっちの方向へ向かうわけで。
一瞬の残像から、カズキとブラボーを見た二人は、カズキが戦ってる相手が火渡でない事を知るのね。
斗貴子さん曰く、相手がブラボーなら、まだ勝機は在るかもしれない?
ただ、自分たちが間に合えば――の話だけど。

カズキとブラボーの戦いは、やっぱりカズキが劣勢に立たされていて。
何とかシルバースキンを破る為に、策を考えたカズキだが、それは読まれてた!?
そして腹に、一撃入れられてしまったカズキで――。
武装錬金 20話「想いと力を込めて」の続きを読む





武装錬金 19話「君さえ守れれば」 

まずは、戦部vsパピヨンの決着から。
無敵に思えた激戦の瞬間再生能力だったけど、再生中に異物を入れる事で、再生不可能にさせたパピヨン。
そして、槍が“破損している”と認識しなければ、再生しないという事――それが激戦の二つ目の弱点。
だから自分を巻き込んででもニアデスハピネスを爆発させて、槍を奪ったパピヨンだったと。

これで、パピヨン逆転勝利!
しっかし変態な戦部は、中の人の異名じゃないけど“生まれたての姿”ですなあ(をい)
戦部からニュートンアップル女学院のことを聞き出し、カズキを追うパピヨン(とゴゼン様)だったと。
でもパピヨンのダメージも、かなりのものみたいだよなー。

いっぽうカズキ達の前に現れた火渡は、一撃で3人を吹き飛ばしてしまった。
でも火渡さんてば、後を根来に任せてサッサと帰っちゃったよ。
結局アンタも、ちゃんと確かめてないんじゃん(苦笑)

剛太と斗貴子さんは同じ所に飛ばされてたけど、カズキだけ遠くに行っちゃったらしい。
そんな二人の前に、根来が現れた!
斗貴子さんは怪我をしてるので、剛太ひとりで根来と戦うと宣言して。
武装錬金 19話「君さえ守れれば」の続きを読む





武装錬金 18話「逃避行」 

カズキ再殺の任務を失敗したことで、本部で査問委員会にかけられてしまったブラボー。
そんな彼を庇う、戦士・千歳こと楯山千歳(CV:小林ゆう)で。
彼女や委員会の意見を踏まえ、大戦士長である坂口照星(CV:速水奨)は、ブラボーを不問にしてくれたよ。
そしてブラボーは、任務に戻る事になったとさ。

ちなみに千歳役が誰かはドラマCDの方で知ってたが、声自体は初聞きだったりしますね。
千歳の声そのものは合ってると思うけど、やっぱりドコか、せっちゃんの声な感じが(をい)
照星サンの速水さん声は、何だか藍染ボイスだなあ・・・うーん(笑)

さて、カズキ達はというと。
カズキとしては剛太と仲良くしたいが、剛太の方はカズキを嫌ってるみたい。
そういやギャフンと言わせるって、どういう事なんだろう(をい)
トモカク斗貴子さんの作ったカレーを食べながら、これからの事を話すのね。

一行の行き先は、ニュートンアップル女学院だとさ。
そこにある“怪我を治す奇跡の聖石”こそ核鉄だから、潜入して回収するように――という任務だったのね。
回収任務自体は成功したけど、色々と謎の残った任務だったみたいで。
その謎の地下空間に居たヤツが、カズキの黒い核鉄について何か知ってる?

カズキ達を探す、ゴゼン様とパピヨンだけど、居場所はサッパリ掴めなくて。
どうやらカズキの居場所が掴めないのは、追っ手の方もみたいですがね。
だが千歳の報告から、彼らの目的地がニュートンアップル女学院だろうと踏んだ、再殺部隊の一行で。
そんな再殺部隊の前に、パピヨンが現れた!?
武装錬金 18話「逃避行」の続きを読む





武装錬金 17話「夜が明けたら」 

意識を失くし呼吸も止まったまま、海底に沈んでいくカズキ
だが意識も呼吸も無いのに黒い核鉄が発動し、海上の斗貴子さんと剛太のエネルギーを吸っていく!?
ともかくソレでカズキを見つけて、なんとか海岸に上がる事が出来た一行だった。

カズキをバケモノと言い、意識が無いうちに殺そうとする剛太。
でも斗貴子さんは、そんな剛太に
カズキを、こんな風にしたのは私だ。
カズキをバケモノと呼ぶなら、私もそう呼べ」

と言って――本当に自分を責めてるんだね、斗貴子さんは。

ブラボーは、火渡赤馬(CV:関智一)という男と会っていた。
んー・・・なんか智一さんらしくない声だな、火渡の声は。
まあムーン・フェイスみたいなイロモノじゃないし、良いと思うけど。

どうやら火渡の指揮する部隊が、黒い核鉄の回収に向かうらしいね。
そしてブラボーは、戦団本部へ帰還するのだった。

医者達の話を盗み聞いて、カズキが大変なことを知った桜花。
彼女は、パピヨンの隠れ場所に行って――そこは、かつてバタフライの秘密拠点だった場所らしい。
そこに桜花が来たのは、パピヨンを使ってカズキを助けようと思ったから。
だけどパピヨンは、他人を利用するのは良いけれど、利用されるのは大嫌いだそうで。
まあ結局の所パピヨンは、桜花に70番の核鉄を渡して、逆に彼女を利用するのね
アナザータイプでゴゼン様復活・・・はいいけど、バタフライの影響か、羽根が蝶の形になってる(笑)

復活したカズキは人として足掻きたいが、何をしたらいいのか分からない。
そこで3番の核鉄を入手した、斗貴子さんが前の任務で行った学校へ向かう事に。
一人で行こうとするカズキだが、斗貴子さんも付いて行くと・・・そして“一心同体”の誓いを立てる二人で。
そんな二人を見ちゃったら、剛太もコッソリ去って行くわなー。

道で倒れた剛太は、斗貴子さんとのサバイバル訓練を思い出す。
剛太って、赤ん坊の時に親をホムンクルスに殺されて、錬金戦団に引き取られたのか。
そこに火渡が現れて、剛太にカズキの所へ案内しろと迫る
再殺部隊の戦部(CV:小山剛志)と根来(CV:浜田賢二)も、到着したのね。

かつて斗貴子さんに言われた「守りたいものができた時、自分の非力さに涙しないために」との言葉。
その言葉が、剛太の脳裏に浮かぶ。
大切な斗貴子さんを守ろうと、強敵の火渡に戦いを挑む剛太で――。
武装錬金 17話「夜が明けたら」の続きを読む





管理人について

  • Author : あやりん(旧:彩音)
  • ここはリンクフリーです。
    張るも剥がすも、ご自由に♪
    でもアダルトサイトや、違法サイト等からのリンクは、絶対NGです!

    えーと、それから、下のメルフォから一言くれたら嬉しいです♪
    では、ヨロシクお願いしまーす。

    あ、あと。
    詳しめなプロフ作ってみました、今更ですが。



    良かったら見てってくださいな。
カレンダー
05 << * 2017-06 * >> 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前(HN):

メアド:

件名:

本文:


カテゴリー
最近のコメント
検索
応援バナー
smiley*2G 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TVアニメ「夢喰いメリー」公式ファンサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。