管理人の好物に関する感想日記・・・コメント&トラバ大歓迎です♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 * * トラックバック(-) * コメント(-) * [編集]

戦国BASARA弐 第十二話「蒼紅決死戦! 激闘の果てに吹く風の音よ!!」(最終回) 

日輪を止めに向かった幸村は、信玄に動かないように伝えていたのか。
てか、どうやって日輪を止めるのかと思ったら、その二本の槍で押しとどめちゃったと。
さすがにムチャクチャだと思ったけど、まあコレがBASARAだしな。
んで結局のところ、幸村の魂の一撃で日輪は破壊されたとさ♪
しかしヘタレだったのに、最後に良いところを持っていく幸村さんは、やっぱり主人公ですね。

小十郎は豊臣の兵士をボコボコにしていたけど、どう見てもヤンキーです、ありがとう(ry
半兵衛が政宗の背中を傷つけたことに、本気でキレてたんだな、小十郎てば。
んで二人のバトルは、半兵衛が崖から落ちて終わったけれど、最後に勝負を決めたのは折れた六爪の一本だったワケですか。
うん、やっぱこの主従いいなあ。

謙信の相手をする三成と、薩摩に現れた家康&ホンダムですか・・・三成の関智さんボイスが、なんか何時もと違う感じがした。
てか家康が生きてた理由とかスルーですか、まあいいか。

んで秀吉と政宗の最終決戦だけど、政宗さんフルボッコされてますねえ。
それでも立ち上がった政宗は、残った小十郎の刃で勝負を決める――うん、やっぱりカッコいいです政宗さん。
どうやら夢吉が居なくなっていたのは、お守りを秀吉に渡しに行ったからみたいだけど、そのお守りは慶次に返されたと。
てか慶次さんってば、けっきょく何も出来てないじゃないのよ。
戦国BASARA弐 第十二話「蒼紅決死戦! 激闘の果てに吹く風の音よ!!」(最終回)の続きを読む

スポンサーサイト




戦国BASARA弐 第十一話「覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」 

豊臣を探るために潜入した佐助とかすがは、囚われていた小十郎を発見し救出する。
そして豊臣が、海路で謙信を狙っている事に気づいた佐助は、かすがに知らせに行かせようとするのね・・・イイ男だね。
そこに風魔小太郎の邪魔が入ったけど、ヤツの狙いは佐助が持ってた刀で、刀を手に入れるとサッサと逃げちゃったとさ。
脱出する途中に、元親の部下を助けだした小十郎だったけれども、彼等は豊臣の兵に元親の弔い合戦を仕掛ける!?

いっぽう伊達・長曾我部連合軍は、松永久秀と遭遇していたが、久秀は小太郎と合流すると何処か行っちゃった。
その直後に、ようやく小十郎と政宗が再会して――自分の弔い合戦が始まったと知った元親は、部下を連れて大阪に戻ることに。
んで伊達軍は、そのまま秀吉を追って小田原へと向かうのね。
戦国BASARA弐 第十一話「覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第十話「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」 

松永久秀からの書状を受け取った政宗は、小十郎を救うため一人で久秀の元に向かおうとする。
そんな彼に元親は、加勢を提案するワケで――自分も久秀とは因縁があるし、大体そっちの方が早く済むからってね。

薩摩では戦いが始まっていたが、後詰めの毛利軍まで来てしまったら、流石に武蔵たちだけでは厳しいか。
そして幸村は、薩摩にいる民を守ろうと戦ってるけれど、まだ迷ってるみたいだね。
てか島津の爺さんってば、傷ついていても強いですわね!

久秀の所に向かう伊達&長曾我部連合軍だったが、久秀はまた爆弾で邪魔するのか、ヤツらしいなあ。
爆発を掻い潜り、何とか久秀に迫った政宗と元親だけど、そこに小十郎は居なかったうえ、二人は崖から落とされちゃって。
うーむ、まんまと一杯食わされたわね。
戦国BASARA弐 第十話「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第九話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」 

伊達軍の前に現れたのは、生きてた元親さん率いる一団だった。
んで激突する元親と政宗だったけど、家臣たちはお互いに応援合戦ですか?
そんな戦いの中で二人が本気を出したとき、お互いに正体に気づいて、戦いを止めたワケですね。
うん、この二人ほんと似たもの同士だ。

いっぽう元就は、富嶽を奪って改修しているのね、新しい名前は日輪だそーで。
元就は豊臣を欺こうと考えているのか、やっぱり素直に豊臣に従う気は無さそうですね。
戦国BASARA弐 第九話「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第七話「最南端・薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い!」 

大阪へと進軍する政宗たち伊達軍の前に、武田の軍勢が立ちふさがる――そこを突っ切った政宗は、信玄と激突する!?
と思ったら、そこにいた武田軍は豊臣の兵士だったワケで、政宗と信玄の二人で偽武田軍を吹っ飛ばしちゃったとさ。

いっぽう幸村は、ようやく薩摩に到着していたけど、小山田を死なせてしまった事でショックを受けてるね。
本当いつまでもメソメソしてちゃ駄目だろ、幸村さん・・・お館様は、色々と思ってくれているのにさ。
そんな悩める幸村の前に現れたのは、宮本武蔵だったとさ。

ゲーム版の宮本武蔵は知らないけれども、アニメ版のコイツは本当にガキンチョだなあ。
幸村の話を聞くため武器を収めたかと思ったら、不意打ちしてきたしさ・・・てか幸村さん一撃受けちゃってるじゃん。
まあ武蔵は、幸村のしぶとさに折れ、一行を大将の居るところに連れてってくれたよ。
戦国BASARA弐 第七話「最南端・薩摩の地へ!幸村、新たなる漢の出逢い!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第六話「脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!」 

あっさり秀吉にスルーされた慶次さんは、加賀に帰っていたワケですか。
利家の所には、甲斐を包囲する陣に加わるようにと、豊臣から要請があったそうで。
しかも、参加しなければ加賀を取り潰すとまで、言ってきたらしい。
そりゃあ利家だって、大怪我してるのに出ていこうとするわな。

ねねの話が出てきたけど、以前の慶次の回想に出た女性の事なのかね?
というか、ねねって、史実では秀吉の嫁だよなあ。

いっぽう長曾我部元親と毛利元就の戦いはというと、富嶽の大砲で片っ端から毛利の船を吹っ飛ばしていた、元親だったと。
でも、それは富嶽を引きつける為の元就の策だったワケですね、それくらいは元親も考えてたみたいだけど。

十分に富嶽を引きつけたところで元就は船を下げ、秀吉が出てきた・・・何するかと思ったら、拳で海を干上がらせた!?
そのうえ秀吉は、富嶽の大砲を素手で防いじゃってるしさ。
うーむ、ほんとにコイツは人間なんだろうか。
戦国BASARA弐 第六話「脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第五話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」 

政宗の部下たちが六爪を拾い集めてきたが、どうしても最後の一振りが見つからなかったのね、まあ仕方ないか。
そんななか政宗は、奥州を平定した人取橋での戦いの時の事を回想していて。
戦いには勝利したものの、政宗を傷つけてしまったから死んで詫びると、小十郎は切腹しようとしていた。
だけど政宗は、怪我してる腕で殴って小十郎を改心させたと・・・そして政宗は、小十郎の刀を代わりに使うことに。

そして出陣した政宗たち伊達軍だったけれど、その途中の人取橋に上杉軍が立ちふさがって!?
どこにも謙信らしき姿は見あたらないし、騒ぎ立てる部下たちだけど、当の政宗は冷静みたいですね。

いっぽう捕らわれの小十郎は、半兵衛から政宗の刀の一振りを見せられていた。
六爪の一振りが見つからなかったのは、秀吉の部下が拾って持って行っちゃったからなんだな。
しかし秀吉一人だけで奥州に行ったと思っていたけど、兵士も一緒に行ってたのね、まあ当然の事ですか。
そしてホント半兵衛のやり方って、嫌味だよなあ・・・あんなん見せられたら、政宗が死んだと小十郎が勘違いするわな。
戦国BASARA弐 第五話「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第四話「安土城の亡霊!? 幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」 

お市のすすり泣く声を聞いた幸村は、それを確かめに安土城跡へと足を踏み入れる。
そこには市だけでなく、自爆して死んだはずの松永久秀も居た!?
奴は、あのとき隠し通路を準備していたそうで・・・何だかんだで用意周到な奴ですな。

信長の頭蓋骨を持ち去ろうとする久秀に、それを返せと言う幸村で。
そんな幸村の前に風魔小太郎が立ちふさがったけれど、コイツら何で一緒なんだ?
まあ結局のところ久秀は信長の頭蓋骨を置いて、仕掛けていた爆弾で城を破壊し去っていったとさ。

取り残された幸村は、お市のターゲットとしてロックオンされちゃった!?
しかし彼女は、何かを抑えようとしているようで、それは信長の魂だったのか。
幸村の火焔車での攻撃により、お市は解放されたみたいだけど。
戦国BASARA弐 第四話「安土城の亡霊!? 幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第三話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」 

越後へと進軍する利家とまつを、説得しようとした慶次だったが、そんな彼を二人は無視して行ってしまう。
そして二人は謙信と対峙するのだが、謙信は上杉の全軍を加賀に差し向けたと言う。
自分が謙信の相手をするから、急いで加賀へ戻れと言う、まつで。
だけど結局のところは、加賀に戻ることを決めた利家だったと。

でも彼等の戻る途中にも、上杉軍が待ち伏せていた!
どうやら謙信は、無血で前田軍を降伏させようとしていたみたい。
そんな謙信の考えに気づきつつも、利家は戦う事を選ぶワケですな。
てか直江兼続ってば、また吹っ飛ばされてるし。

そんな上杉軍と前田軍との戦いの中、慶次が参戦してきて。
利家がその気なら、自分も力づくで止めるしかないと言う慶次で――そして、慶次と利家の戦いが始まる。
戦国BASARA弐 第三話「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」の続きを読む





戦国BASARA弐 第二話「失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!」 

素晴らしい軍師である小十郎に目をつけた半兵衛は、農民を人質に取り、豊臣に着くよう小十郎を勧誘する。
でも小十郎が政宗を裏切るなんて、ありえないワケですよ。
説得が無理だと分かったら、実力行使な半兵衛さんですけども、半兵衛の武器はガリアンソードですか(違)
農民たちを守りつつ戦っていた小十郎だったけど、やっぱり無理だったワケで、囚われの身になっちゃったとさ。

いっぽう慶次は、謙信のところに来ていたのね。
長宗我部元親との戦いを止めさせるため、秀吉に会いに行こうとする慶次だったが、謙信は、秀吉が慶次に会うことは無いだろうと言う。
だが謙信は、越後からは一刻も早く離れたほうがいいと・・・なぜなら前田軍が、この越後に迫っているから。
そういや前回の次回予告で見せてたけれど、夕方枠になっても、かすがのヘブン状態やるんだなあ。
戦国BASARA弐 第二話「失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!」の続きを読む





管理人について

  • Author : あやりん(旧:彩音)
  • ここはリンクフリーです。
    張るも剥がすも、ご自由に♪
    でもアダルトサイトや、違法サイト等からのリンクは、絶対NGです!

    えーと、それから、下のメルフォから一言くれたら嬉しいです♪
    では、ヨロシクお願いしまーす。

    あ、あと。
    詳しめなプロフ作ってみました、今更ですが。



    良かったら見てってくださいな。
カレンダー
05 << * 2017-06 * >> 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前(HN):

メアド:

件名:

本文:


カテゴリー
最近のコメント
検索
応援バナー
smiley*2G 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TVアニメ「夢喰いメリー」公式ファンサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。