FC2ブログ

管理人の好物に関する感想日記・・・コメント&トラバ大歓迎です♪

D.Gray-man 13巻 

発売から1週間くらい経って、やっと買えましたよDグレ新刊♪
方舟編も、もうクライマックスに突入ですわね。

4088744357D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス)
星野 桂
集英社 2007-12-04

by G-Tools


それじゃ、簡単に感想書きます★

ティキぽんをアレンに倒され、キレたロードちゃんは、ラビの精神を壊してしまう。
そしてアレンと、本気で戦うラビ・・・だけどアレンの方は、仲間であるラビを攻撃できないわけで。
でも壊されたと思ったラビの精神は、まだ生きていた――正気を保つために、自分で自分を刺してたのか。

“外”からのアレンの攻撃は、ロードちゃんには効かなかった。
だけどラビが、夢の中のロードちゃんを攻撃した事で、外にいる彼女も傷ついたと。
意外と良くある話だよな、本体を攻撃したら、分身にも何かしらの影響が――て感じの話は(コレは少し違うけど)
しかし夢の中でロードちゃんは、アレンに化けてたのか。
彼女がアレンに好意を持ってるの知ってたから、ラビも気付いたみたいね。

歴史を記録する為に教団入りしたラビだけど、だんだん仲間意識が芽生えてきちゃったのね。
ただ最初のころは、嘘の笑顔でヘラヘラしてたと。
それは、記録の為に入り込む際の、いつもの事だそうだが。

ブックマンというのは、歴史の裏を記録する存在。
だから、人のことを“紙の上のインク”と認識しないといけないのか。
しかし今のラビは変わってきてて、仲間と一緒に戦う事を選んだと・・・でもブックマンになるのは、諦めてない?

ともかく自分自身に攻撃したラビは、アレンに救われて、なんとか無事だったわけで。
その全力の火判によって、ロードちゃんに勝利したはいいけど、ついにアレン達の居る所も、崩壊が始まってしまう。
てかアレンは、どこまでも優しいな・・・退魔の剣で中に居るノアを斬ったことで、ただの人間に戻ったティキぽんを、救おうとしてさ。
だけどチャオジーには、アレンの行動が理解できず、怒っちゃうわけで。
ノア一族であるティキぽんは、アクマとグルになって皆を殺した悪魔だから、救う必要は無いと。
アレンが、そんな奴を救うというのなら、アレンも敵だってさ。

ティキぽんの暴走・・・何故ああなっちゃったんだ?
ただでさえ今までの戦いでボロボロなのに、ティキぽんが強すぎて、追いつめられていくアレン達。
しかしチャオジーが、イノセンスの適合者だったとは・・・しかしミランダさんのとき同様に、かなり身体に負担かかってると。

大ピンチなアレン達の所に、ついにクロス元帥が現れる!
しかしクロス元帥って、弟子であるアレンの事、どう思ってるんだか。
まあWJ本誌での、今の展開から考えて、アレンに“何か”があったからこそ弟子にしたんだろうな。
ともかくも、そんな女好きなクロス元帥は、かなり強いですよ・・・暴走ティキぽんを、あっさり倒しちゃったし。
あれくらい強くなかったら、元帥には相応しくないだろーけどな。

次の14巻では、ついに方舟編の完結ですか♪
そして、いま本誌でやってる所へと、突入するわけですね。
本当にアレンとマナには、何か秘密があるようで・・・そのへんが凄い気になるわ。
関連記事




From toliger
相互リンクをお願いします。

サイト名は「Toligerの日記♪」です。

自分も、マンガやアニメなど大好きなので、
相互させてもらえれば、嬉しいです^^


では、ヨロシクお願いします。
URL [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL



管理人について

  • Author : あやりん(旧:彩音)
  • ここはリンクフリーです。
    張るも剥がすも、ご自由に♪
    でもアダルトサイトや、違法サイト等からのリンクは、絶対NGです!

    えーと、それから、下のメルフォから一言くれたら嬉しいです♪
    では、ヨロシクお願いしまーす。

    あ、あと。
    詳しめなプロフ作ってみました、今更ですが。



    良かったら見てってくださいな。
カレンダー
07 << * 2020-08 * >> 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前(HN):

メアド:

件名:

本文:


カテゴリー
最近のコメント
検索
応援バナー
smiley*2G 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TVアニメ「夢喰いメリー」公式ファンサイト