管理人の好物に関する感想日記・・・コメント&トラバ大歓迎です♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 * * トラックバック(-) * コメント(-) * [編集]

デュラララ!! 1巻 / バカとテストと召喚獣 1巻 

デュラララ!!とバカテスのコミカライズ版を買ってきたし、ひととおり読み終わったので感想書きたいと思います!
ちなみに、どちらも原作小説は既読です・・・まあデュラララ!!は、まだ既刊6巻のうち3巻までしか、読み終わってないが。

デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー) バカとテストと召喚獣 (1) (角川コミックス・エース 256-1)


しかし電撃文庫作品のコミカライズって、基本的に電撃大王が多い気がするよね、アスラクラインとかシャナとか。
でも、なぜかデュラララ!!はGファンタジー連載だ・・・まあ禁書目録とか図書館戦争とかは、電撃系以外だけどね。
ただ禁書目録のスピンオフな、とある科学の超電磁砲を連載してるのは、電撃大王だけど。

トモカクも、簡単に2冊の感想いきますですよ。

デュラララ!! 1巻

作画担当の茶鳥木明代先生って、黒執事の作者と色々と繋がりがあるようで・・・そんな縁もあってか、ピンナップ合作してたね。
そんなキャラ選択は、臨也さんと静雄だったワケだが、フツーにカッコイイじゃないか(何)
まあ静雄は、まだ1巻では未登場なワケだがな!

ストーリーは原作そのままだけど、画が付いたことで色々と発見できたなあ、主にセルティの描写で。
あー、彼女の影の描写って、そーゆー風になってんのね。
1巻ラストでセルティが女って分かるまで、男っぽく描かれていた所も、良いなあと思った♪

それと原作にあった、狩沢さんと遊馬崎の会話での電撃文庫ネタだけれど、コミカライズでも使ってたわね。
あとスクエニがらみだからか、うみねこと咲が会話に出てたわね。

臨也さんの狂いっぷりも、良く表現されてるわね・・・あの女の子たち、マジで殺したかと思ってたが。
原作でのカラオケ店のシーンは覚えてたけど、その後の波江さんと臨也のシーンが記憶に無いのは、何故だろうか(苦笑)
それと帝人が臨也と出会ったときに、一緒に居た正臣が怯えたような反応していた理由は、原作3巻まで読んだので良く分かったよ。

そりゃまあ、私はヤスダ先生の絵が好きだけど、この作画も結構いい感じだと思うよ。
次は静雄も出てきて、原作1巻の話が進んでいく感じかなあ・・・まあ1巻では、静雄は目立ってなかった気はするが。


バカとテストと召喚獣 1巻

これのコミカライズ担当の一人である、まったくモー助先生は、前に極上生徒会のコミック描いてた人ですね。
うーん・・・原作完全既読で、いま新刊読んでる途中な私からしてみれば、このコミカライズは微妙だな~。
こっちも、本来の挿絵師である葉賀ユイ先生の絵が好きすぎるうえに、デュラララ!!と違ってコミカライズの絵が好きになれん(汗)
まあ画が付くことで、試召戦争が分かりやすくなった気はしたけどさ・・・ううーん。
関連記事




コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL



管理人について

  • Author : あやりん(旧:彩音)
  • ここはリンクフリーです。
    張るも剥がすも、ご自由に♪
    でもアダルトサイトや、違法サイト等からのリンクは、絶対NGです!

    えーと、それから、下のメルフォから一言くれたら嬉しいです♪
    では、ヨロシクお願いしまーす。

    あ、あと。
    詳しめなプロフ作ってみました、今更ですが。



    良かったら見てってくださいな。
カレンダー
07 << * 2017-08 * >> 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前(HN):

メアド:

件名:

本文:


カテゴリー
最近のコメント
検索
応援バナー
smiley*2G 俺の妹がこんなに可愛いわけがない TVアニメ「夢喰いメリー」公式ファンサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。